ブログ移動しました

フォンダ デ ラ マドゥルガーダ(原宿/メキシコ)☆★★

a0000016_2257161.jpg木曜の夜9時過ぎ、少し寒さが残る中、レストランへ向かうため、竹下通りを原宿の駅から明治通りへと歩きました。竹下通りを通るのは、数年ぶり。もともと宮崎の片田舎で育ったので、30過ぎて竹下通りを通っている自分を思うと、気恥ずかしさでいたたまれなくなります。平日の夜ということもあり、通りに賑わいは無く、ほとんどの人は、黒田とは反対に、駅へと向かっていました。

a0000016_22552797.jpg明治通りに出て、左折し、歩道橋を渡ると、緩やかな坂道があります。坂道の途中に、雰囲気のある看板を発見し、地下へ続く階段を下って行きました。店内へと続く階段は、結構深くて、降りるたびに違う国に来たような錯覚が起きてきます。

お客で賑わっているフロアを右下に見ながら、壁沿いの階段を下りると、そこにはラテン系の音楽と、赤を基調にした空間が広がっていました。テーブルの上の蝋燭の光は、音楽に合わせて揺れていて、低めの天井と大雑把に区切られた部屋を照らしています。
テーブルに着くと、隣は20名位の、おそらく会社の送別会風。他にカップルが2組ほど。

最初にメキシコのビールSOLを頂き、前菜にモッツァレラチーズとオレンジのサラダ。ドレッシングが甘めで、味は普通。次に、ソペス。柔らかいとうもろこしのパイに、刻んだメキシコビーンズとトマト、たまねぎなどが載っていて、味は濃い目ですが、甘辛くて美味しい。どこか懐かしい感じがしました。次に食べたのが、チキンのタコス。やっぱりメキシコ料理と言えばタコスですよね。黒田は鶏肉が好きなので、この料理も美味しく頂きました。メインは白身魚のグリルにトマトクリームみたいなソースとライス。ライスを崩しながら、ソースと白身魚を和えて食べます。メインを食べる頃には、飲み物がテキーラに変わっていたので、テキーラの刺激とソースの甘さが重なりあって、これが、美味しい。


a0000016_2258126.jpg
↑SOLビール
a0000016_2258443.jpg
↑モッツアレラチーズのサラダ
a0000016_2259788.jpg
↑ソペス
a0000016_22593835.jpg
↑チキンタコス
a0000016_22595359.jpg
↑白身のメイン

a0000016_2311711.jpg食事の途中には、3人組みのバンドがやってきて、生演奏を聞かせてくれます。リクエストを聞かれたので、「楽しい曲を」とお願いしたら、一曲演奏してくれました。何処かで聞いたことがあるんですが、題名は分かりません。曲が終わると、自分達のCDを薦めてきたので、1,000円で買ってしまいました。チップみたなものですね。メキシコが好きな人なら、音楽と料理とテキーラで満足できるお店だと思います。

@ フォンダ デ ラ マドゥルガーダ
住所:京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカB1
電話:03-5410-6288

月~木・日 17:30~02:00(L.O.01:00)
金・土   17:30~05:00(L.O.04:00)
定休日なし

JR原宿駅 徒歩7分 
地下鉄千代田線明治神宮前駅 徒歩7分 
地下鉄表参道駅 徒歩10分 
近くにコインパークがあります

総席数130 (着席130、立食250)
[PR]

関連ニュースをみる